デイサービス共想いの家・グループホームあかり

こんにちは174.png
今日は幾分か温かく感じられますね。日も少しずつ長くなってきていて、寒さはまだまだ続きますが春が来るのが楽しみになって来ました。
とはいっても、愛知県もインフルエンザ―の流行がやってきました。気を付けて過ごして行きましょう♪

共想いの家は、認知症対応型通所介護で、認知症をお持ちの方専門の通所になります。一概に認知症といっても、程度や症状は本当に人それぞれで、専門医でない限り、判断するお医者様によっても認識にばらつきが出ると思います。
高齢になれば、多かれ少なかれほとんどの方が、物忘れから始まり軽い認知症になられると思います。自宅以外の場に出る機会が少なくなる事で、社会資源との関わりや他の人との交流が減る事により、脳への刺激が無くなっていきますし、歩く機会も少しずつ減って行くことで筋力の低下や関節の硬さで歩行する力が弱くなっていきます。
そうなることはごく自然な事ではありますが、なるべくならご自身の生活力を維持していけるといいですよね。

認知症の最初の症状は、近時記憶・短期記憶が失われていくことです。
同じ話を何度もする、予定や時間がわからなくなる、五分前の事が思い出せない、同じものが何個も買って来てある、など。避けては通れない道ですね。
今どのくらい出来る能力があるのか、どんな事が出来て出来ないのか、どのくらいのスピードで認知症が進んでいるのか、何かきっかけや理由があり今の状況なのか、デイに通いスタッフと交流することにより、把握でき、今出来る事や望む事を見極め、進行を緩やかにして行く。それが認知症通所介護の意味ではないかと思います。
沢山デイはありますが、認知症と結び付けて観察サポート出来るのは認知症専門だけではないかと思います。

認知症実践者研修、認知症ケア専門士、ケアマネ経験者も在籍しております、安心してご相談下さい。他のデイを利用したけど上手く行かなかった方、拒否傾向があるかた、是非ご相談下さい。何かお力になれればと思います。

また併設のグループホームあかりも、現在一室空きがあります。入所者募集中です。
グループホームは今までしてきたこと、出来たことを維持できるようにサポートしながら生活する施設です。少人数で温かい雰囲気の中で生活を送れるようにスタッフがサポート致します。
是非一度遊びに来て下さいね。
デイに通いながら入所の時期を検討することも出来ますよ。

「認知症は大変だ!!」と思うのではなく、「認知症ってこういう事なんだね!」って思えるようにしませんか?


[PR]

by tomoomoi | 2018-01-16 14:29 | 介護・認知症知識 | Comments(0)